単科コース

単科オンラインコース

オンラインコースの特徴

受講費用

通常20,500円(税込) → 18,450円!(9月末まで)

受講特典

  • リブウェルインスティテュートで全米ヨガアライアンス200時間を取得する場合、受講料からオンラインコース受講時にお支払い済みの料金分を割引いたします。
  • オンラインコースで受講済みの単科コースをリブウェルインスティテュートの実際のスタジオで再受講される場合は、特別料金5,000円で参加できます。
  • お近くのホットヨガスタジオHOT40YOGAへの入会金が無料。さらに5クラス分のホットヨガクラスを無料で受講できます。

学べる内容

陰ヨガ

陰ヨガ

陰ヨガに特化し、7時間に凝縮した内容を効率的に学びます。動画なので、自分の都合の良い時間に受講ができ、何度でも繰り返し視聴できます。

カリキュラム概要

① はじめに

  • 初めてヨガを教えるとはどういうことか
  • 陰ヨガの定義

② 股関節をテーマしてクラスの実習

  •  

③ 陰ヨガの理論

  • 陰ヨガの目的
  • 陰ヨガの特徴
  • 陰ヨガの歴史
  • 陰ヨガの7つの効果
  • 陰陽理論
  • 陰ヨガ指導4か条(陰ヨガを行う上での注意点)
  • 体が硬いとは
  • 結合組織について
  • 陰ヨガと陽ヨガの違い
  • 陰ヨガ講師としてのガイドライン
  • 陰ヨガのクラステーマについて
  • 陰ヨガQ&A

④ 背骨をテーマにしたクラスの実演

  •  

⑤ 陰ヨガの基本ポーズを学ぶ

  • Seiza
  • Child Pose
  • Cradle
  • Pentacle
  • Swan/Sleeping Swan
  • Dragon-one
  • Dragon-two
  • Gecko
  • Twisted Dragon
  • Frog
  • Dragonfly
  • Shoelaces
  • Square
  • stirrup
  • Butterfly/Half-Butterfly
  • Cat Tail
  • Mongoose Twist
  • Caterpillar
  • Snail
  • Infant
  • Pyramid
  • Seal
  • Saddle/Half-Saddle
  • Twisted Roots

⑥ 陰ヨガのシークエンスの組み方

  • シークエンスを組む上での約束
  • シークエンスの実例集(自分でもシークエンスを組んでみよう)
  • 陰ヨガ指導上の言葉の使い方
  • 陰ヨガのガイド、台詞、クラス中に話す内容、話し方

⑦ 上半身、応用ポーズを使ったクラスの運営方法

  • 応用ポーズの作り方
  • 肩こり解消陰ヨガシークエンス
  • 手、手首、肩をテーマにした陰ヨガシークエンス

無料体験動画

受講はこちらから

マタニティヨガ

マタニティヨガ

マタニティヨガに特化し、7時間に凝縮した内容を効率的に学びます。動画なので、自分の都合の良い時間に受講ができ、何度でも繰り返し視聴できます。

カリキュラム概要

① はじめに

  • 初めてヨガを教えるとはどういうことか
  • ヨガの種類とマタニティヨガ

② マタニティヨガ概論

  • マタニティヨガとは
  • マタニティヨガの種類
  • マタニティヨガの危険なこと
  • クラスの前に必要な3つの許可
  • クラス中に意識させること
  • フィットネスレベルとクラス作り

③ パワーマタニティヨガ(アクティブなマタニティヨガクラスを開催する)

  • デモクラス動画
  • 模範的シークエンス(クラス編成)の考え方
  • シークエンス構成上の注意点と思いやり
  • 座位でのウォームアップの指導方法
  • 妊娠中の腹筋運動がオススメな5つの理由
  • マタニティ太陽礼拝を中心とした立位のウォームアップ7種類の指導方法
  • ハタヨガスタイルでの立位のポーズの指導方法
  • プラサリータパッドッタナアサナ
  • W2(ウォーリア2)
  • サイドアングル(PSC)
  • 三角のポーズ(トリコナアサナ)
  • アルダチャンドラアサナ(チャパーサナ)

④ マタニティヨガの理論

  • マタニティヨガの目的
  • マタニティヨガの特徴
  • 妊婦さんの心と体
  • クラスの最初に代替ポーズについて
  • 妊婦さんをどのタイプのクラスにも参加させる指導テクニック
  • マタニティヨガのクラスの種類

⑤ 補助具を使ったやさしい系ヨガクラス

  • シークエンスの組み立て方、考え方
  • クラスの演出作りについて
  • ゆったりマタニティヨガ60分デモクラス動画
  • 各種呼吸法
  • 各種ポーズの説明と指導方法

⑥ マタニティヨガクラス運営の注意点

  • ヨガで伝えるメッセージ
  • ポジティブな言葉を投げかける
  • アジャストメントの考え方
  • ゆったり、やさしい系マタニティヨガにおける禁忌事項
  • 妊婦さん、こんな時どうする?
  • まとめ
  • 修了書取得のための課題について

無料体験動画

受講はこちらから

認定試験について

認定証

オンラインクラスに参加してクラスを受講し、その内容を理解していることを確認するため、ネット環境を通じて簡単なミニテストに回答していただきます。
その出来具合を判定に合否を決める内容ではなく、クラスにご参加いただいていればどなたでも合格できるような内容です。
合格された方には、後日修了認定証を発行します。これは、スタジオ受講での認定証と同じ内容のもので、この修了証をもとに受講されたクラスをご自宅や当社スタジオ、各社のスタジオ、自主主催クラスなどで幅広く開講していただけます。(インストラクターとして就労の場合は、別途オーディションに合格する必要がありますので、各就労先の規定に準じてください。)

また、全米ヨガアライアンス認定資格を取得するためには別途スタジオでの200時間養成コースを受講する必要がありますので、オンラインの修了証を持ってそれに変えることはできません。

よくある質問

Qどのような方が受講できますか?
Aヨガの経験のない方、体の硬い方、年配の方、男性の方までどなたでも受講できます。
介護や老人ホーム施設の就労者の方、産科クリニックなどの助産師の方、マッサージセラピストの方などにも多くご参加いただいております。
Qヨガの経験は必要ですか?
Aヨガの経験は必要ありません。これをきっかけにヨガへの興味を深めていってください。

充実のサポート体制